喪服を買うと不幸

喪服を買っても不幸は起きない!

喪服を買うと不幸が起きるということを一部で言われたりします。不幸というのは近い身内の誰かが亡くなるということです。

 

逆に地域によっては喪服を買うと不幸を避けられるという地域もあるようですけどね。

 

ただ、これは正直迷信でしかないと言えるでしょう。

 

もし過去にそういった事例があったとしても、それはその人特有のものであって、運命として決まっていたことです。

 

喪服を買ったからと言って人が亡くなるというのは、どう考えてもおかしいことですからね。

 

実際に喪服を買って3年、5年、10年と経っても何もなかったという人がほとんどですから。

 

このような迷信というか、誰が言い出したか分からないようなことを真に受けずに、喪服は実際に必要になったときに用意するのではなく、ある程度事前に用意しておくようにしましょう。

 

事前に用意しておかないと、急に必要になったときに慌てて用意しないといけなくなりますからね。

 

慌てて用意できればいいですが、急すぎて用意できないってこともあり得ますからね。

 

買うタイミングはいつがいいのか?

喪服を買うタイミングですが、まず学生から社会人になったタイミングで用意しておいたほうが良いでしょう。

 

社会人になると、身内の葬儀というだけではなく、会社関係での葬儀ということも出てきます。

 

身内の葬儀ならば喪服じゃなくても喪服っぽい感じで許されるかもしれませんが、会社関係での葬儀となるとやはりちゃんと喪服は着ておかないといけません。

 

ですので、学生から社会人になったタイミングでまずは用意するようにしましょう。

 

あと、結婚するタイミングで購入するのも良いでしょう。

 

結婚すると自分の親族だけでなく、結婚相手の親族のお葬式にも参加しないといけなくなります。

 

ですので、単純に考えてお葬式に参加する確率が2倍に跳ね上がるという事になります。

 

なので、結婚してちょっと落ち着いたタイミングでもいいので、なるべく早く購入しておいたほうが良いでしょう。

 

相手方の親族で急にお葬式になってしまい、喪服が用意できなかったということになってしまったら、相手の親に白い目で見られる可能性も十分ありますからね。

 

もうすでに社会人になっていたり、結婚していたりという状態ならば、もう何時でもいいのでなるべく早く購入しておいたほうが良いでしょう。

 

喪服が必要かな?とちょっとでも感じたタイミングで、急いで用意しておくのがベストですね。

 

とりあえず、急に慌てて喪服を用意しなくてもいいように、なるべく早く用意しておくというのをお勧めします。

page top